2012/03/29

スペイン中でストライキ

今日は大変な日でした。
スペイン中でストライキがあり大規模なデモがあったのです。

政権が代わり、新政府が医療費や扶養手当、年金、失業保険などを大幅にカットするという発言をしたために起こりました。

数週間前からこの日にストライキをすると予告されており、またか~なんて思っていたのですが、どうもいつもと様子が違うのが数日前からじんわりと分かってきました。

今はスペイン語と英語のクラスに通っているのですが、スペイン語の先生は前日になってストライキ宣言
英語の先生は2週間前から「29日は私はストライキをするので学校に来ても図書館で自習となります。」と無責任宣言。生徒はほとんどスペイン人なので賛成のようでした。
公立の語学学校も私立も授業があるかないかは先生次第だったようです。


ということで、今日はクラスが休み!
そして今回のデモはひどいものになるだろうと予想されていたので職場も休業。
明日からイースター休暇なのですが、一日前倒しとなり連休がスタートしました。


街を歩くと日曜日でもないのにほとんどのお店が休業していました。
たまに開いているレストランやバル、スーパーもありましたがそのほとんどが外国人経営のお店でした。
開いているスーパーに入りましたが従業員の数はわずか。
デモで忙しいのかそれとも出歩くのが危険だからか、お客さんの人数も今までにない少なさでした。


今日は電車やバスは朝の3時間、夕方の3時間のみ動いていたそうです。
中にはまったく動かなかった路線も。地下鉄はカオスと化していたそうです。


家の前から中心地の方を眺めたら、遠くの方で何かが行われているのが見えたのでせっかくなので取材に出かけました。

中心地に近づくと道路に少しずつ異変が。
 紙くずが。。

 あの有名なカサ・ミラの前も紙くずだらけ。

そしてこのカサ・ミラのある「passage de Gracia」は普段ものすごい交通量なのですが、この日は完全通行止め。
歩行者天国と化して異様な雰囲気が漂っていました。
「passage de Gracia」沿いのバス停。
「retallades」とはカタルーニャ語で、「削減」という意味。今日はこのマークのTシャツを着ている人をたくさん見かけました。

 ゴミ箱のコンテナが倒されてる!

 パトカーも今日だけで何台見たことやら。

デモ行進に近づくと・・・

 カタルーニャ名物のヒガンテ(巨大人形)までもが行進していました。

この少女が背負う看板にはカタルーニャ語で「私たちの未来は?」と書いてあります。

と、ここで!
火柱が上がりました。

ひどい!なんとゴミ箱のコンテナに火をつけた集団がいたのです。
警察は暴動鎮圧のためたちまち彼らに向かいゴム弾の連射を。
何人かは用意されていたワゴン車に連行されて行きました。何ともハラハラする瞬間でした。



これは家の近所のコンテナ。

消防車が去った後に近づくと、蓋が変形しているのがわかりました。
 上部には大きな穴が。中で爆発が起きたのだと思います。

デモ行進があったわけではない道のコンテナまでもがこんなことに。いったい今日バルセロナだけでどれだけのコンテナが破壊されてしまったのだろう。


そしてこれは最も残念な光景。
なんとこれはバルセロナの中心地にあるスターバックスです。
デモ隊が火炎瓶を投げ込んだのです。考えられません。



こんなことをして、何が生まれるのでしょうか。

スペインに到着してもうすぐ丸一年。今日は最も恥ずかしいスペインの姿を見ました。