2012/12/31

バルセロナにある気になるもの

2012年ももうあと数時間で終わり。

今年は憧れのバルサの選手と二度も同じ飛行機に乗れたこと、フットサル会場でジョルディ・アルバ選手に会えたこと、あとはどうしても受かりたかったスペイン語のレベル試験に合格したことがとても印象的でした。

これらは自分の力だけでない、いつもお世話になっているまわりのみんなのおかげであります。いつもありがとうございます。


さて、今回はバルセロナ市内にあるもので今年一年気になったものをご紹介します。



まずはこちらのポスト。

「roba amiga」という名のポスト。スペイン語で訳すと「(第三者が)女友達を盗む」、もしくは「(君が)女友達を盗め」という意味でとっても奇妙。
しかし、これはここカタルーニャの公用語カタランで「友達の服」という意味。
このポストへは誰もが自由に不要になった洋服を投入でき、再利用するというある協同組合のポストなのです。



服つながりでこのお店。

「HUMANA (ウマナ)」という激安の古着屋。
センスは全然よくないのですが、たまにお宝が発見できます。そしてたまにタグ付きの新品に出くわすことも。ただでさえ安いのに、たまにこの写真のようにオール3ユーロなんていうセールもするのです。
「HUMANA」とは「人間の」とか「人道的な」という意味の女性名詞で、こちらの売り上げはアフリカ諸国の恵まれない人々のために寄付していると謳っています。が、実は学校の先生によるとそうでなはないとの事。。上記「roba amiga」と関連しているという噂も。。



こちら、旧市街にある看板。
「ひったくり注意」ではありません(笑) 
「飛び出し注意」です。女の子は飛び出してる姿勢じゃないから変です。
ひったくりの続出している旧市街で初めて見たとき、本当にひったくり注意の看板なんじゃないかと笑っちゃいました。



こちら、ブロックごとにある市のごみコンテナ。
この写真ではゴミが入りきらなかったのか、外に散らばっています。スペインのマナーレベルがお分かりいただけると思います。
コンテナは生ごみ、リサイクル、ビン類等分かれているのですが、日本のようにきちんと分別して捨てる人は少ないような気がします。
回収時間が夜のため、朝から燃えるごみ(生ごみ)を捨てるのはマナー違反とされていますが、基本的には24時間好きな時間に捨てられるのが利点。
しかし、路上生活者がコンテナのごみをあさるのは日常茶飯事。プライバシーも何もあったもんではありません。たまにコンテナの中に入り込んで中の穴から欲しいものを外に放り出している人も・・・。


そしてこのコンテナ、
真夜中になると大胆に吊られ、下から回収できる仕組みとなっています。マグネット式のようです。



こちら、地下鉄の駅より。
よく構内にある iPhone用のアクセサリ自販機
買っている人は見かけたことがありません。犯罪の面から日本より圧倒的に自販機の少ないスペインでこれはないだろーっと見る度思います。



これはよくある光景。
引越し中の風景。エレベーターがなかったり、あってもものすごく小さいこの国では家具をクレーンで外から上げるのは当たり前のこと。初めて見た時は何事だ!?と思いました。引越しは日本より大変。



病院にて。
視力を測る表示は日本の「C」みたいに角が丸くなくて、「コ」みたいに角ばってるんだ。
ちなみに視力の言い方も異なり視力が0.5なんて友達に言ったらどんなに目が悪いんだ!?とビックリした顔をされました。
日本のマックスとされている2.0でさえもめちゃくちゃ目が悪い解釈となってしまいます。眼科に行くことがあれば常識を知るために事前に国際基準表を調べねば。



これはバルセロナ市内によくあるSEX SHOP
中には秋葉原にあるようなアダルトグッズが所狭しと並んでいます。
日本製の物もいくつかあり、中には値段が3倍ぐらいするものも。
私は女性なのであまりよく知りませんが、男性のおもちゃ「TENGA」はこちらでも販売されており定評もあるそうです。この言葉はスペイン語で「tener (持つ、ある)」という意味の活用形なのでこのパッケージを見るととっても不思議な気持ちになります。
また、もう慣れましたが日常会話で「Tenga」と言わなければならないことが多々あり、隠語を言っているようで最初は戸惑いました。



こちらは・・・
ある、地下にあるSEX SHOPの地上階にあり、入り口を入ってすぐにある機械。中に鍵があってお金を入れるところがあって画面があって・・・。
表の世界との境界がたったのドア一枚!



さて、最後は気持ちの良いこの一枚。
爽やかですね~、KUMONです!
はじめ見かけた時は一瞬立ち止まり「えっ!?」と目を疑いましたが、けっこう街なかで見かけます。
メキシコに行ったときに田舎町で見かけたのを思い出しました。海外でも人気があるのですね!嬉しいことです。



さて、こんなところです。生活にはかなり慣れましたが、まだまだ「え!?」と思うことが多く、ここスペインはとても興味深い国です。
また何かありましたらこうしてレポートしていきます。


それでは、輝かしい2013年になりますように。祈りながらスペインのカウントダウンの儀式の準備に取り掛かるとします。

来年もよろしくお願いします。