2012/12/26

クリスマスに「スペイン料理 × 和食」 ディナー

ここスペインはクリスマスを家族で過ごす習慣があります。
スペインに家族のいない私たちは、日本人同士でクリスマスを祝いました。


訪れたお店はRestaurant La cuina de l' Uribou


新市街にある日本食レストランです。

今回のディナーは SHIBUI という別の日本食レストランのシェフKOMUTAさんとウリボーのオーナーTAKAさんとのコラボレーション企画でした。
日本食ではなく、スペイン料理を日本人シェフ二人がアレンジというおもしろい企画でした。とても有名なお二人なので、期待して向かいました。



まずはこちらのアペリティフ4品から。

左上から時計回りに
「Tortilla de patata」/里芋の玉子焼き。
「Esqueixada」/バカラオを使ったエスカイシャーダというカタルーニャ風のサラダを大根と梅を使ってアレンジしたもの。
「Canelones」/湯葉と鴨のカネロニ。ここカタルーニャ地方では12月26日(祝日)にカネロニを食べる習慣があります。
「Fricando」/牛肉とキノコの博多寄せ

里芋のトルティーヤを食べた感動は忘れられません。
湯葉のカネロニもパスタで包むよりおいしいんじゃないかと思いました。



続きまして「Sopa de Galets」

galetsとは貝殻の形をしたパスタのことで、これを玉子豆腐と共に提供。

なるほど、よく見るとgaletsでした。うまく絡み合ってました。玉子豆腐でこんなアレンジができるんだー!


そしてやってきたおもしろい一品「Trinxat」
trinxatとはジャガイモとキャベツを潰して焼き固めたカタルーニャ風のマッシュポテト。このプレートにはキャベツの代わりに白菜が使われていてとっても優しい味と食感でした。イイダコを飾るとは面白い発想!


続きまして「Suquet」
suquetとはカタルーニャ風ブイヤベース
アンコウ、エビ、アサリにトマトと味噌がよく合っていました。いい出汁も出てました。


そして、待ってましたー寿司ー!!!
左から
・ハムとパイナップルのお寿司
ホタテとトリュフのお寿司
ウニとキュウリのお寿司
七面鳥と梅のお寿司

こんなに愉快なお寿司プレートを見たのは初めて。心踊っちゃいました。
お寿司にトリュフ!!!贅沢でした~。
ハム&メロンじゃなくてパイナップルという発想も素敵でした。よく合う
ウニは日本でいただけるような新鮮さ、ボリュームでした。幸せ~!



デザートはPijama de Musicoという、訳して音楽のパジャマという面白い名前。
スペインで「パジャマ」といえば寝るときの服以外に、パフェを高く積むのではなくお皿に並べた状態のデザートのことも指します。
そして、「音楽」という名のデザートも存在します。これは乾燥フルーツとリキュールのショットのセットのこと。

今回のプレートはその2つのデザートを併せたもの。とても愉快でした。
最後の最後に写真を撮るのを忘れてしまいました・・・。


とっても贅沢でおいしいディナーでした。日本人の料理の繊細さに改めて感心しました。こういう手の込んだ料理はとっても懐かしかったので、食べ始めてからわくわくしっぱなしでした

周りを見渡せば日本の友人や顔見知りが多くとても楽しい席でした。
スペイン人が家族でクリスマスを祝うなら、私たち日本人は絆の強い仲間と祝う。
ウリボーに行って大正解でした!



*********************************************
Restaurant La cuina de l'Uribou

住所/ Carrer del Taquigraf Serra 26, 08029 Barcelona
電話93 114 81 93
URLhttp://www.uribou.es
営業時間火~日  13:00 ~ 15:30 / 20:00  23:30
休業日月曜日

*********************************************