2013/01/31

カルソッツ祭り 2013

昨年に続き今年もカタルーニャのネギのお祭り、「カルソッツ祭り」に行ってきました。

バルセロナからバスで約1時間かけて開催地である Valls という村に到着。



今年のネギも太くておいしそう!バルセロナ市内の市場で見かけるものより太いです。


数に限りのある祭りのチケットを購入しなければならないので、かなり早めの10時半ごろ村に着きましたが、農産物の屋台カタルーニャである名物巨大人形のパレード吹奏楽パレード、それに実際にカルソッツを焼いて準備しているところも見れ退屈しないままあっという間に食事の時間になりました。


カルソッツの匂いのする方へ進んだら、ここ「Plaça de l’Oli」にて準備がスタートしていました。


まずはこちらの細い枝の上で焼き・・・



次に奥にある太い枝の上で二度焼きしていました。


食べる広場は他にもあったのですが、せっかくなのでこの煙の上がっている横でいただくことにしました。



チケットのセット内容はこちら。
カルソッツ12本、ロメスコソース、ハーフボトルの赤ワイン、パン、オレンジ、そしてエプロン



日本人4名、スペイン人2名の我々のグループの食事タイムのスタート。



慣れない手つきでカルソッツの外側を剥いていると、すぐに地元のおじさんが駆けつけてきました。

そして、他人のカルソッツを勝手に掴んで語りだしたと思ったら・・・


勝手に剥きはじめました。さすがスペイン人です!
こういった人に慣れていたつもりでしたがやはり驚きました。そして、これまたすごくお上手!
隣にいた彼の友人が、おれのやり方は違う!とこれまた別のカルソッツを掴んで教えてくれました。なんて親切な人たちなんだろう。



友人はこのお祭りに合わせて日本から来てくれました。この笑顔を見たかった~!満足してくれて私もとっても嬉しかったです。


この後、アジア人が珍しかったのか何人もの地元の人から写真撮らせて!と声がかかり、その度に食べさせられるはめに。それはそれで楽しかったです。

全部食べ終わった後、セットについていたオレンジを剥いていくとなんとどんどん手がきれいになっていき驚きました。
スペイン人の友人は二人共この効果を知っていてすすめてくれました。
さすが、バレンシアオレンジの有名なバレンシア出身の二人。


ここでは、近くの肉屋でソーセージ類を買うか、家から持って来ていれば隣のバーベキューコーナー勝手に焼いていただけるということでした。


こちら、ミスカルソッツか!?

こちら、カルソッツ祭りを仕切るセニョールのインタビュー。


カルソッツの早食い大会があり、終わった頃かなぁと会場に向かったら、なんと友人がステージに上がっていました。
トマティーナ(トマト祭り)でも偶然居合わせたホセです。
なんでホセがここにいるんだろうと見ていたら、なんと彼のお隣には・・・


日本テレビ「笑ってコラえて!」の柳川支局長が!素敵な笑顔でした。
そうか、ホセは最近支局員になったからと一緒に祝杯したことを思い出しました。

二人も早食い大会に出場していたそうです。
柳川さんは100本以上食べられたのに体の大きいスペイン人ホセはたったの40本台。ホセのカッコ悪さが面白かったです。


優勝者はなんと45分間でカルソッツを225本食べました!
よく見たら去年と同じ優勝者でした。
一般人ですがこういったマイクパフォーマンスができるところに早食い以外の魅力がありました。


その後、ステージに上がり笑ってコラえての方々に記念写真をお願いしました。マイクまで持たせてくださって大感激でした!


度々このブログで登場する友人ラウールのBMWのバイクですが、つい最近買い換えてもっと大きくなっていました。あまりのカッコよさにみんな興味津々。



バルセロナまで100km、日本から来てくれた友人を後ろに乗せ岐路を走ってくれました。





2013/01/30

バルセロナの金太郎飴屋 「PAPABUBBLE」

バルセロナに金太郎飴!?

その昔、とっても興味を引いたのを覚えています。
金太郎飴って日本の物じゃないの?っと。

そしてその数年後、世界ウルルン滞在記で実際にバルセロナで金太郎飴を作ってる女性を見てその作り方に興味を持ち、これはいつか行かなきゃと思っていました。

お店のあるゴシック地区はよく迷うので、いつか迷った先で出くわすのだろうと楽しみにしていたらついに昨日現れました!



入口の飾りもすべて飴細工。



中に入ると


実際に目の前で作っていました。一本切り終わったところで写真を撮ってもいいか聞いてみると、笑顔でオッケイしてくれました。

そして、そっと手を差し出し作りたての飴をくださいました。
こ、こんな細い線や小さな丸なんだ!
粘土状にしてパーツを組み合わせた後に伸ばしてカットするんだそうです。

こんな光沢のある金太郎飴は初めて見ました。宝石みたい!
美しい光沢を出すには季節や気候の変化に合わせ材料の配合や熱を加える時間などに微妙な変化を加えているそうです。
味はこれまたとってもおいしい。舌触りや歯触りも今までにない繊細さです。


トントントーーンとリズミカルに切っていましたがこれは相当難しいらしい。ウルルンで言ってました。


店の奥には飴を練る部屋があります。この日は閉店間際に行ったのでこちらの作業は終わっていましたがこうやって作業場が見えるところが嬉しいですね。



売り場コーナー
キウイとスイカ。種がとってもきれいに並んでいます。


お寿司のセットが目立っていました。お箸付き。右のはさすがバルセロナといった感じ。


一番目を見張ったのはこの左の文字入りの物。とっても細かくてきれいでした。
「Orphan Aid AFRICA」というアフリカの子供たちを助けるために活動している団体の文字が入っています。


こちらは特注掲示板。
けっこう細かいものもある!
他人のものですがじっと見てしまったので、出来上がりが気になってしまいました。


こちらの「パパブブレ」、日本にもお店はありますが発祥はここバルセロナのこのゴシック地区にあるお店

このアートキャンディショップはいまやニューヨーク、ロンドン、ブリュッセル、アムステルダム、サンパウロ、香港、ソウルなどなど世界展開しているそうです。

またここに迷い込まないかな~。



********************************************

PAPABUBBLE (パパブブレ)
住所/ Carrer Ample, 28, 08002 Barcelona
電話932 688 625
営業時間月~金 10:00~14:00 / 16:00~20:30   土 10:00~20:30
定休日日曜日
URLhttp://www.papabubble.com/
********************************************





2013/01/27

スペイン人にも日本人にも大人気な和レストラン「Can Kenji」

スペイン人や外国人に「バルセロナでおいしくて手頃な日本食はどこで食べられる?」と聞かれて答えるお店は2つ。
ひとつは先日紹介した「天ぷら屋」、そしてもう一つは今回紹介する「カン・ケンジ」です。

2010年にオープンした比較的新しいレストランにもかかわらず、ランチタイムもディナータイムも満席になるほどいつも賑わっています。


今回はランチタイムに行ってきました。



オーナーのけんじさんのネーム入りののれんがとってもいい感じに風になびいていました。バルセロナでのれんを見るのはとっても新鮮!


混雑を避けるために15時頃来店したのですが、それでもやはり混んでいました。店内は地元の人と日本人がちらほら。


清潔感漂うオープンキッチンです。あえてカウンターに座って寿司を頼みたいというスペイン人もいました。


ランチメニューは手書きでしたのでよく変わるのかもしれませんが、この日はこんな感じでした。

お寿司ランチが13.80ユーロだなんて!これは頼むしかない!ということでオーダー。



ランチにはドリンクも付いてきます。


先にお味噌汁が出てくるのが外国風。日本人にはメインと一緒に持ってきてほしいところですが、これにはどのレストランに行ってもいつも我慢。



メインのお寿司は日本で食べるものと何ら変わりはなく新鮮で満足しました。桶に入って出てくるのも粋です。

クラスメイトに誘われたまに安いからと中国系の和レストランに行くことがあるのですが、寿司ネタの鮮度がグンと落ちるのとシャリが握り過ぎで食べられたものではありません。やはりこういうところでいただかないと!



こちらは月見ハンバーグ。切るとお月見が出てきます。


バルセロナの日本食レストランの定番、抹茶アイス、そして苺のムース
最後の最後までおいしいの一言です。


初めて出会った外国人に自己紹介する機会が頻繁にあるのですが、日本人だと言うと「Kan Kenji」知ってる?好きなんだよね~!とよく言われます。
まさにバルセロナの日本食を代表するお店と言っても過言ではないおいしさとコストパフォーマンスです。

すぐ近くには日本人が経営するラーメン屋もありますのでハシゴでもいかがですか~。


************************************************
Can Kenji (カン・ケンジ)
住所/ Carrer del Rosselló, 325, 08037 Barcelona
電話93 476 18 23
営業日月曜日 - 日曜日(祝日も営業)
休業日/ 年末年始
営業時間ランチタイム 13:00-15:30 ディナータイム 20:30-23:00
************************************************




2013/01/25

街の垂れ幕広告をバッグとして再利用「Vaho gallery」

Hola!

バルセロナで最近オシャレで派手なバッグを見かけるなーと思っていたら、なんとそのバッグは街の垂れ幕広告を再利用して作られているものだということに初めて気が付きました。


それに気付いたのはこのお店に入ったから。





店内で顔を上げたらびっくり!


こういうことだったのか~!

これはバルセロナ中で見かける垂れ幕広告です。
しょっちゅう入れ替わるのでもったいないなぁなんて思ってたら、ちゃんと行き先があったのですね!!なんだか心も和みました。



これは定番の斜め賭けバッグ


こちらは形までおしゃれなリュックサックと後ろにまわすタイプの斜め掛けバッグウエストポーチ



ベルトもあります。


ベンチチェストも!

ちなみにこの床の模様は街の歩道とまったく同じもの。あのガウディのデザインによるものです。
普段街中でこの上を歩いていると垂れ幕が見えるので、店内なのにまるで街を歩いているかのような不思議な感覚です。


長財布折り畳み財布カードケース


こちらは小銭入れ


他にもポーチキーケースペンケースラップトップショルダーショルダーバッグなど思わず手に取ってしまいたくなるオシャレ物ばかりでした。


すべてのディスプレイ商品の中にマグネットが入っており、壁に張り付いています。
このお店、見せ方もうまいです。自由にはがして手に取ってみてくださいね、と店員さんもとってもいい人でした。
もちろんマグネットは取り外せるのでお会計時には回収されます。

同じ垂れ幕を使っていても柄の見え方で全然違うものに見えるので、すべてが一点もの。気に入ったものを見つけたら即買いすることをオススメします。

垂れ幕広告なのでもちろん雨にも強力なのも嬉しいです。
価格は10ユーロから。只今セール中です!!



なんとこのお店のレジカウンターをよく見たらバルセロナ中の道にあるコンテナの蓋でした。



******************************************
Vaho gallery

バルセロナ市内に現在5店舗ありますが、私が今回訪れたのはココです。↓
住所/ Carrer del Bonsuccés, 13 08001 Barcelona
電話93 301 74 19
営業時間月~土 10:00 - 22:00
******************************************