2013/01/20

ミシュラン1つ星シェフが手がける16ユーロのランチ「ohla gastrobar」

バルセロナの中心地カタルーニャ広場の近くにこんな変なホテルがあります。


目玉をモチーフにした五つ星ホテル「ohla hotel」です。
長らく外観改装工事中でしたがついに彼ら「目玉」が羽ばたき始めました。


こちらのホテル内に「Saüc」というミシュラン一つ星レストランがあります。
そちらのシェフ Xavier Franco が手がけるもう一つのレストランが今回訪れた「ohla gastrobar」
相方が招待してくれました。


前菜メインデザートがそれぞれ4品から選べるプリフィックスコース
ドリンク付きで税込16ユーロです。

昼食が一日のうちのメインとされるスペインの食文化ですが、16ユーロは普段のランチとしてはちょっと高め。
でも凄腕シェフの評判とこの五つ星ホテルの雰囲気から考えたらかなりお得!


まず高い天井にハッとしました。ヨーロッパと言えば高い天井のイメージがありましたが、バルセロナ市内ではなかなか見かけることがないのです。
自然に入る日の光も美しい!こういったところでのデートは新鮮です。


客席は英語が飛び交っていました。
不景気真っ只中のスペイン、やはりこういうところに来るのは外国人です。
店員さんもどの人も英語を話します。さすが五つ星ホテルのレストラン。



ドリンクはビール、グラスワイン、ソフトドリンク、ミネラルウォーター等他のレストランのように選べます。

カタルーニャが誇るガス入りウォーターVICHY CATALAN」は500mlサイズ。太っ腹!
ちなみにこのサイズを日本のレストランで注文すると500円は下りません。


まずは焼き立てパンがやってきました。
種類は2つあり、ふわふわタイプとハードタイプでした。
バルセロナにある大半のパン屋さんは残念なパンを提供しているので、こういったおいしいパンに出会うと感動します。


まずは一皿目。2人なので2皿ずつ紹介します。
こちらはエスカリバーダ(炭焼き野菜)とヤギのチーズのCOCA。コカとはカタルーニャのピザのようなもの。


こちらは62ºの玉子とジャガイモのコンフィとイベリコのチョリソ
62度!?ピンときませんでしたが、目の前に現れてあ~ぁと納得。温泉玉子のことでした。



二皿目。

本日の炭火魚(この日はLubina*でした)とフォンダンポテト(ポム・フォンダン)
*Lubinaはスズキの一種

鶏肉と野菜の炭火串焼き。焼き鳥だ!



そしてデザート
チーズケーキと苺のシャーベット


林檎ケーキ



全体的に量が少なめでお腹はいっぱいにはならなかったものの、さすが星付きレストランのシェフが仕切ってるだけありどれもおいしく、特に〆のデザートのおいしさが一番インパクトがあり、いつの間にか幸せ気分で満たされました。

伝統あるレストランのランチもいいですが、たまにはこういった空間でエレガントランチもおすすめです。

カウンター席もありますので、お一人でも気軽に行けます。





**********************************************
ohla gastrobar
住所/ Vía Laietana 49, 08003 Barcelona
電話933 415 050
※16ユーロMENUは平日のランチのみ
**********************************************