2015/02/25

カナリア諸島の時差

実はカナリア諸島とスペイン本土とでは時差が1時間あるのです。


スペイン本土は ”中央ヨーロッパ時間 (Central European Time)” なのに対して、カナリア諸島は ”西ヨーロッパ時間 (Western European Time)” です。


中央ヨーロッパ時間・・・スペイン本土、ドイツ、フランス、ベルギー、オランダ、イタリア、スイス など
西ヨーロッパ時間・・・カナリア諸島、ポルトガル、イギリス、アイルランド、 アイスランド など




スペインのラジオやテレビのニュース番組が時刻を伝えるときの決まり文句はこれ。

「〇〇時になりました。カナリアスはマイナス1時間です。」といった具合。

決まり文句なのでとにかく早口。バルセロナで生活を始めまだ言葉が理解できなかった頃は聞き過ごしていたこの言葉ですが、聞き取れるようになって初めて本土とカナリア諸島との時差の存在を知りました。
その頃はどんなに遠いんだ!?って想像の世界でしたが、実際やはり遠い。



さて、日本とスペイン本土の時差は8時間
日本が朝8時の場合、スペイン本土は深夜0時。

カナリア諸島はスペイン本土より1時間遅れている為、日本が朝8時の場合、カナリア諸島は前日の23時となります。





しかしこれは冬時間の期間のみ。
サマータイム時は本土、カナリア諸島共に日本との時差が1時間縮まります


冬時間は10月の最終日曜日から3月の最終日曜日まで
夏時間は3月の最終日曜日から10月の最終日曜日まで となります。


サマータイムは通常時間と違って特別に聞こえるのですが、実は1年のうち半分以上の7か月間もあるのです。

サマータイム実施時には日本の朝8時はスペインの深夜1時、カナリア諸島では深夜0時となります。


ちなみにサマータイム開始時と終了時は下記の図のように時計を動かします。



左は開始時の3月の最終日曜日にすること。 深夜2時になったら時計を3時に進める
右は終了時の10月の最終日曜日に。  深夜3時が来たら時計を2時に戻します



まとめると・・・
カナリア諸島の時間は下記のとおり。

通常時間・・・ 日本マイナス 9時間 (スペイン本土と日本との差は8時間)
サマータイム実施時・・・日本マイナス8時間 (スペイン本土と日本との差は7時間)



カナリア諸島にお越しの際はお気を付け下さい!

2015/02/17

カナリア諸島に引っ越しました

4年間のバルセロナ生活を終え、アフリカ大陸の北西に位置するスペイン領、カナリア諸島に引越しました。


本土のあるイベリア半島から南へ1,000㎞以上アフリカ大陸からはわずか115㎞に位置します。

年間を通じて温かく自然環境にも恵まれたこの島々は、大西洋のハワイヨーロッパのハワイと言われおり、たくさんのヨーロッパの人々が休暇に訪れます。
その数は年間800万人を越えます。



カナリア諸島は7つの主な島からなり、2つの県「ラス・パルマス県」「サンタクルス・デ・テネリフェ県」で構成されています。



私は、群島の中では一番、スペインの中では9番目に人口の多い市「ラス・パルマス」のあるグランカナリア島にやってきました。

ちょっと、いやかなり紛らわしいのですが、「ラス・パルマス県」内の「グランカナリア島」内のラス・パルマス・デ・グランカナリア市におります。
なんでこんな名前を付けたのだか。


海岸線の長さはわずか236㎞というこの島は、ビーチをはじめとする観光資源に恵まれ、宿泊施設、レストラン、商業施設、スポーツ施設やレジャー施設の充実したリゾートアイランドです。

首都ラスパルマスの人口は約38万人。



グランカナリアといえば、名産のラム酒!

スペイン語で 『RON (ロン)』 と呼ばれ、ストレート、ロックがおすすめですが、定番のコーラ割りの「ラムコーク」(キューバリバー、クバリブレなどと呼ばれていますが、スペインでは「Cubata (クバタ)」と呼ばれています)は夜遊びの大定番!


早速ラム酒を楽しんでいます。

日本でもグランカナリア産のラム酒の購入ができるようです。


▲アレウーカスはヨーロッパ最古のラム蒸留所として常に高い評価を受けています。


ちなみにグランカナリアは定番のラム酒だけではなく、はちみつ入りのラム酒、「Ron Miel (ロン・ミエル)」 の名産地としても名高いのをここに来て初めて知りました。



▲私も試しました。この組み合わせは実に面白い!


お酒の話になってしまいましたが、相方を除き誰も知り合いのいないこの島。
この先どんな冒険が待っているのか!新たなスペインライフの幕開けとなりました。