2015/08/31

グランカナリアでミニ新婚旅行!

先月グランカナリア島にて結婚をし、友人たちが共同で”ミニ新婚旅行”をプレゼントしてくれました。

”家の前に観光ガイドが迎えに来てくれ、島の見どころを案内してくれる”という、普段はラスパルマス市から出ない私たちにとっては興味深いデイトリップでした。


Mirador El Guriete (ミラドール・エル・グリエテ)


まず向かったのは展望台、”Mirador El Guriete (ミラドール・エル・グリエテ)
先日たまたま訪れたばかりの”スペインのグランドキャニオン”はまた感動を与えてくれました。
歴史等詳しくはこちらに綴っています


せっかくなのでミニ新婚旅行の記念に写真を。


動物の鳴き声がする方を見ると、山羊がたくさんいました。



乾いた大地の真ん中でティータイムを


次に向かったのは、同村 Santa Lucia にあるパン屋。ここでティータイムを。
これらは小麦粉、砂糖、そしてラードで作ったカナリア諸島の名物クッキー。すべて手作り。



グランカナリア最大のワイナリーへ


休憩を終え次に向かったのはワイナリー Bodega Las Tirajanas (ボデガ・ラス・ティラハナス)

グランカナリアで最も大きなワイナリーだそうですが、非常に小さい。
作業が隅々まで見学できました。


見学している間に次々と運ばれてきた、収穫したてのブドウ。


厳密に仕分けされたブドウがプレス機へと流れていく様子。

実は Gran CanariaDO (denominacion de Origen。原産地呼称統制委員会が設置された地域内で厳しい基準に基づいて生産されたワインの呼称、高級ワインの中心的なカテゴリーとされている。)  が2006年に認定されたばかり

写真に写っている白いシャツの方は、ワイン作り (特に白ワイン) に長けたドイツから3年前に応援にやってきた醸造家。


搾りたての、まだ酵母を加えていない状態の”ブドウジュース”の試飲ができました。
想像をはるかに超える濃さ、そして甘さでした。
品種は Verijadiego Blanco (ベリハディエゴ・ブランコ)。カナリアスの土着品種です。


先ほどのドイツ人醸造家によりアメリカンオーク樽 (左) とフレンチオーク樽 (右) とのブレンドがなされます。


試飲タイム!ひとり3種類選べました。


このワイナリーは現在、白6種、ロゼ1種、赤3種 を生産しています。

グランカナリアに来てから一度もおいしい赤の土着品種のものを飲んだことがなかったので、迷わず定評通りの白から3本を選びました。


カナリア諸島の白ブドウと言えば、若飲みの”Malvasía Volcánica (マルバシア・ボルカニカ)”
スペインの他の地域やイタリア、ギリシャでも栽培されている品種”マルバシア”ですが、フィロキセラによる害のなかったここカナリア諸島では全てのブドウが自根で植えられていること、そしてその特異な土壌により個性ある品種となり、2009年より”Malvasía Volcánica (火山のマルバシア)”という独立した品種として認められました。


ステンレスタンク熟成のマルバシア樽熟成のマルバシアSemidulce (セミ・ドゥルセ、やや甘口) のマルバシア という、マルバシアだけの比較試飲をしました。

樽熟成したものが一番でしたが、Semidulce もなかなか良かったです。


赤ワイン好きな夫は赤のみの試飲をしました。
Listan Negro (リスタン・ネグロ)Castellana negra (カステジャーナ・ネグラ)Vijariego negro (ビハリエゴ・ネグロ) といったカナリアの土着品種をブレンドした、熟成段階の異なる3種を。
やはりどれも首をかしげる結果となりました。カナリアスの赤はまだまだこれからです。

それにしても、試飲したジュースの ”Verijadiego (ベリハディエゴ)” にこの ”Vijariego (ビハリエゴ)” 、名前が似てて覚えにくい!!


私たちが結婚したばかりだと知った醸造家は、特別にステンレスタンクから発酵ジュース (ジュースがワインになる途中) を取り出しプレゼントしてくださいました。
着いたときにいただいた無発酵のブドウジュースとは違い、舌全体がしびれるほど酸味のある不思議な液体でした。



ワイン畑見学


さて、ワイナリーを出て我々は荒野へと向かいました。
どんどん道が狭くなっていき辺りに人は誰一人いません。



そして訪れたのはワイン畑。
荒野を耕した大地に、先述した Malvasía Volcánica が力強く育っていました。



畑の周りにはサボテンやアロエ、アーモンドの木が目立ちました。これらはブドウの風味に重要な影響を与えるための欠かせない脇役なんだそう。
「サボテンの身にある棘はとても細かく、手に刺さると厄介だから触らないように」と言われて数分後に刺抜きしてる夫を発見。好奇心ゆえか話を聞いていなかったのか。。



乾いた台地が一望できるレストランへ



そして向かったのはサファリパークの中にいるかのようなレストラン。
ここで Papas arrugadas (ベイクドポテトの一種)、山羊の肉、Bienmesabe (卵とアーモンドが主体のソース) のアイスクリーム など、カナリアスの名物をいただいたのでした。


カナリア諸島の名物料理については追って記事にしたいと思っています。




ツアー終了!


ガイドさんは日本の国旗シールを用意してくれていて、初の日本人客として彼女の車にそれを貼ったのでした。



島のことをもっと知る貴重な体験でした。


旅のプレゼントっていい!!
この旅をプレゼントしてくれた友人たちに、心からありがとう。




にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ