2016/04/28

ティマンファヤ国立公園(Parque Nacional de Timanfaya)

 ランサローテは他のカナリア諸島の島々と比べて小さめな島ですが、見どころが一番多いことで知られています。
そんなポイントを少しずつ紹介していこうと思います。


ティマンファヤ国立公園 (Parque Nacional de Timanfaya)

 ランサローテに着いたら誰もが向かう観光スポットと言えます。
スペイン国内で15か所ある国立公園の中で、年間訪問者は第三位。

ここは18世紀と19世紀に起きた火山活動により出来上がった溶岩台地で、バスで周る見学コースがあります。

バスの発着地点までは車で行けるのですが、その先は車両の乗り入れは禁止されています。
まずは入り口で車に乗ったまま入場料を払い、バスの出発地点まで進みます。

バスは9時から17時まで (7~9月は18時まで) 定期的に出ており、所要時間は約40分。
スペイン語、英語、ドイツ語の順に音声による説明があります。


公園に入るまでの景色も壮大なものですが、バスからの眺めは実に素晴らしいものでした。
溶け出した溶岩の流れまできれいに見れます。


溶岩によってできた洞窟の上部


溶岩の層としずくが見れる!こういったポイントではバスは停車しじっくり見せてくれます。


地球にいるとは思えない。まるで月または火星にいるかのよう。


大きな岩ばかりがゴロゴロとしてると思いきや、砂漠のような一面も見られます。よく見ると火山礫 (かざんれき) です。
長い年月をかけて這い上がってきた強い植物も見られました。


 大迫力のカルデラも見ることができます。


これは駐車場やレストランのあるバスの発着地点。


この付近はMontañas de fuego” (火の山々) と呼ばれており、現在でも火山の熱が地上付近まで届いています。


バスツアーが終わると、興味深いショーが見られます。
掘った穴に水を入れると、地熱により一瞬にして沸騰して空高く吹き上げる様子を見ることができます。

これは見事!


続きまして、すぐ隣では別のショーを。
まずはここに積まれた干し草を運ぶところから。


2メートルほど掘られた穴に干し草を入れると、あっという間に煙が立ちました。


乾草を入れてからものの10秒で燃え上がりました。


係りの方に、すぐそばの石を触ってごらんと言われ触ってみるも、熱くて触れたものではありません。



お隣にはこの地熱を利用した火山グリルがいただけるレストランがあります!
その名は "El Diablo" 、悪魔という意味。

こうして焼かれます。

遠目では本当にこんなので焼けるの!?と思ったのですが、近づいてみるとその熱は想像を遥かに超えていました。

真上でカメラを構えたら、熱い、熱い!カメラが溶けるのではないかと思ったぐらい。



レストランは ランサローテ出身の芸術家、セサル・マンリケ氏によってプロデュースされたガラス張りの空間。


 ランサローテといえばウサギと言われているほどなので、試してみました。
メニューに書いてあった”ウサギの半身”とは思えないこの量。
このボリュームが ランサローテのウサギなんだそう。痩せたウサギしか食べたことがなかったので驚きました。
今まで食べた中で一番のおいしさ!


大自然を見ながら、天然の熱で調理されたグリルのランチは最高でした!



この後場所を変え、ヒトコブラクダに乗り火山地帯を見学しました。
次回記事にしたいと思います。