ラベル スペインで日本食 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スペインで日本食 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013/05/24

スペイン土産に最適!イカのイカ墨漬け缶詰

いつも友人がバルセロナに遊びに来てくれる度にふりかけをお土産に持って来てもらうことが多いのですが、ついに最後のひとつがなくなってしまいさみしいなぁと思っていた時、タイムリーなテレビ番組を見ました。

5月20日に放送されたテレビ東京の「海外行くならこーでねーと」という番組でバルセロナのあらゆる魅力が紹介され、話題のラーメン屋 「Ramen-Ya Hiro」 も紹介されたということで見ていたら、

「1個 300円以下 ・ 日本人もハマる 激ウマ マル秘缶詰!」

と題してご飯にのせておいしい缶詰が紹介されていました。

それがコレ。

「Calamares en su tinta」、イカの墨漬けです。

早速近所のスーパーに行き買ってきました。2.24ユーロ。現在のレートで約293円
魚介類の産地として有名なVIGOのものです。

イカがしっかり墨に浸かっています。これはおいしそう!



そしてさっそく炊き立てのご飯にのせていただきました。

墨の泥くささがたまらない!ビールがすすむ!ご飯もすすむ!

イカは柔らかく、墨は見た目よりあっさりしていました。
スペインに住んでいて濃い味に慣れてしまったためか、塩味が足りないと思ったので塩を少し足してみたら最高でした!



よく友人に白米はどうやって調理しているのか聞かれます。

あるのです、ここにも炊飯器が。
これは相方が5年前に日本へ帰国した友人から受け継いだもの。日本で購入し運んだそうです。

日本に住んでいたら絶対に買い替えているであろう年季物ですが、スペインにいる限りこれなしでは考えられません。
ちなみにお米は1キロ 0.60ユーロ台で購入できます。日本と比べると遥かに安いのです。
質はかなり劣りますが、大変助かっています。


テレビ東京の「海外行くならこーでねーと」のバルセロナ紹介記事はこちら


番組の動画はこちら

バルセロナにご旅行の際は、こちらを見てからいらっしゃるといろいろ参考になるかと思います。


2013/02/21

スペイン人に日本食講座!

Hola!

先日パエリアの本場バレンシアの友人からパエリアの作り方を教わった記事を書きましたが、その一週間後にお返しで今度は我々日本人がスペイン人に日本食を教える会を開いたのでその模様を。


前日に主催者の友人と買い物に行ってきました。アジア食材店だけでも70ユーロ越えのお買い物。
この後市場に行って魚と野菜も買ったので総額100ユーロを超えました。
11人分の日本食をスペインでとなるとこんな値段になっちゃいました。



晴れた翌日、バルセロナの東隣にあるサンタ・コロマ市に行ってきました。
ここは家族で生活する人のベッドタウンとなっており、街を歩いているだけでたくさんの子供に会いました。バルセロナとはまるで別世界です。


着いたのは午後2時。ちょうどスペインの昼食タイムです。あわてて調理を始めました。
本日のお料理は巻き寿司焼きそばお味噌汁

相方は魚さばきを、私は野菜を切ったり出汁をとったりと彼の助手をしました。
相方の手際の良さにスペイン人の友人ばかりでなく私もビックリ。お味噌汁の出汁は巻き寿司に使う有頭エビを使いました。


みんな興味津々です。だんだんお腹が空いてきたので手際よくやりたかったのですが、常に話をするのがスペイン流。母国語でない言語を話しながら器用に調理をこなしていくのは慣れが必要だと痛感しました。


こちら、11人前の焼きそばの調理中、そして調理後。
キャベツになかなか火が通らず一苦労。こんな大人数分の調理は初めて。日本食講座と聞いて友人の家族や友人や近所の人が集まりこの人数となりました。


2回に分けてのご飯焚きや魚さばき、野菜切り、味噌汁と焼きそば作り、あとおしゃべりで3時間かかってやっと完成しました!

やっとキッチンから解放されリビングに行くと、巻き簾がランチマットになっていてビックリ!外国人ならではの発想ですね。


箸の使い方を教え、食事はスープ類、つまり味噌汁からスタート。そして焼きそばを食べ、次に巻き寿司。これがヨーロッパ人に好まれる順番なのです。
リクエストにお応えしてお好みのように準備しました。


巻き寿司タイム!みんな実に楽しそうでした。


ご飯が足りなかったので細巻きに。海苔にご飯をつけちゃいけない部分の説明やご飯を乗せすぎないように言いましたがみんなやりたい放題(笑)


 
入れ過ぎたわさびをペーパータオルで拭く友人。そして巻いたらこの様。


ご飯の詰め過ぎてちゃんと巻けなかったので諦めて恵方巻きのように食すアレックスとそれを横目で苦笑いする奥さん。


余ったご飯で一つ裏巻きをしました。具にはマンゴーを!というリクエストを多数いただき、仕方なく入れました。
ここバルセロナではどこの外国人が始めたのか、マンゴーのお寿司は今や定番です。


〆は小豆アイスクリームとカスタードパイ。
豆を甘い味付けで食べる習慣のないヨーロッパ。このアイスクリームを目の前に奇妙な顔をしていた人はたくさん。でも食べたらうまいうまいと大好評でした。



この日はリーグのサッカー放送があったのでジントニックを片手にみんなで観戦。
ちなみに一番奥にいる人はスペイン中を駆け回るフットサルの公式審判、そしてその隣はスペインで日本人初のフットサル公式リーグの成人カテゴリーの監督。
またまた素晴らしい出会いがありました。
そして、けっこう大変でしたが終始笑顔の絶えない本当に楽しい会でした。


みんな、ありがとう!