ラベル スペインのCM の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スペインのCM の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2015/03/02

スペインでコマーシャルデビューしました

スペイン発アパレルメーカー「PETUSCO」 (ペトゥスコ) のスマートフォンケースのコマーシャルに日本代表として起用されました。


0:27から私の出番です。



良質の皮製品をおしゃれに展開しているメーカーです。
http://www.petusco.com/



人生初めてのCM撮影は緊張しましたが、経験値の上がる貴重な体験でした!


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ


2013/08/16

日本の某電子機器メーカーのCM撮影にエキストラ参加

Hola!

今日は先日行われた日本の某電子機器メーカーのCM撮影の模様をお伝えします。

撮影日の3日前に facebook 経由で募集要項が回ってきて、興味があったのでコンタクトを取ったらトントン調子で抜擢されました。

拘束時間は夕方6時から深夜2時まで。しかも撮影場所はバルセロナの東端の工業団地。
イメージが湧かないままひとり現場へ。
ちょっと不安でしたが現場には日本人がたくさんいて、過去のクラスメイトに会えたり知り合いがいたり、友人の友人に出会えたりで安心しました。
日本人が約20人、中国人が約40人という規模の撮影でした。


現場はバルセロナ中のバス地下鉄が運転を終えて帰ってくる駐車場兼修理場

メイク室からの撮影。トラックの荷台がメイク室となっていました。



日が暮れるまで交代で、
スタイリストによるヘアメイクと衣装合わせが続きました。
大変だったのは、待ち時間の暇つぶし。呼ばれるまで場を離れず炎天下で待っていなきゃならなかったのです。
エキストラ60名に対してヘアメイク担当者がわずか2人、衣装スタイリストが5人ばかりの作業。真夏のバルセロナの日暮れは22時ぐらい。

待ちすぎて日が暮れそうだななんて言ってたら本当に日が暮れました。



そして日没後の夕食。
今回のエキストラの役目は東京の通勤途中のサラリーマン。設定は
男性陣が次々とスーツ姿に変わっていくのを見て日本が恋しくなりました。バルセロナではスーツ集団など滅多に見かけません。




5時間近く緩い拘束をされた後に地下に連れていかれました。
そして目にしたのは本物の地下鉄車両。
ちょっとわくわく。



ん?ホームを見るとサプライズがありました!
早稲田路線、霞ヶ関駅・・・。撮影のためのセットでした!




地下鉄に誘導され、乗り込むと目に飛び込んできたのはこの表示。
駅名は適当に並べただけでした。迅速なサービス号車って。。快速ってことか。「~方面」は「のため」となってる。Google翻訳だろう。


Exit」が「終了します」かぁ~。



車内の至る所の注意書き表示もとっても変でした。
言葉が「」から始まってる!許すって。。この間違いに皆様 Attention


何も渡しませんから!


語り口調がいいですね。


き、禁断ですか!禁断と言われると余計に押したくなる!


日本語表記にしても全然日本らしくないのは、やはり吊広告吊皮がなかったからだろう。




さて、話を撮影に戻します。
地下鉄に乗ってからも相当待たされたので写真をパシャパシャ撮る時間があったのです。撮影スタッフの共通語は英語でした。


真中にいる緑のコートを着た女性が今回の主役。この女性がヘッドホンで音楽を聴きながらケータイをいじる、そしてその最中にポロっと涙をこぼすという設定の撮影でした。



この後、地下鉄は実際に動きだしバルセロナ市内を何度も横断しました。
そして撮影は本当に深夜2時までかかりました。

このようにOLっぽい服を着せられたのでした。



撮影終了後、着替えたりお給料をいただいたり帰りの配車を決めたりとさらに時間がかかり、送ってもらい家に着いたのは3時半をまわっていました。ちょっと疲れちゃった。


どのようにメディアに出るかは担当者に聞いても知らないとの返答で謎なのですが・・・、なかなかない貴重な体験でした!