ラベル ノイア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ノイア の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2011/06/20

日帰りガリシア旅行 ~ノイア編~

前回の「サンティアゴ・デ・コンポステーラ編」に続く日帰りガリシア旅行記の「Noia(ノイア)編」です。


サンティアゴからバスに乗ること1時間、人口約1万5千人の小さな港町Noiaに到着。

まずは街の中心である市役所のある広場へ。

 
かなり歴史のありそうな建物でした。
サンティアゴと違ってこちらは快晴!


周辺の散策を。


左:市役所前の公園の胸像。彼は詩人らしい。腕が付いているところが外国風ですね。
右:わかりにくいかもしれませんが、1本の木を掘ったアートです。発想がいいですね!


ここノイアはバルセロナの海岸とは真逆で大西洋に面した湾になっています。
何年ぶりかの大西洋を楽しみにして海岸に向かいましたが・・・


え!?泥だらけ!干上がりすぎです!!


河口近くもこんな状態。




川に沿って歩くと何本かユニークな橋を見つけました。
 
木の質感が何だか懐かしい。


 
左:とても狭い石橋で、後ろから車が来たのでどうしよう!?と思ったら所々にこういった避難所がありました。なるほど。
右:これは橋ではありませんが川の上の倉庫。何故こんなとこに倉庫を!!!


散歩をしながら中心地へと戻りました。

 
左:不思議な幹をしたエネルギッシュな木を発見。
右:バルコニーは錆びててガラスは割れていて壁はコケだらけのピソでしたが中は楽しそうな子供たちの笑い声で溢れていました。



1階や地下が駐車場になっているわけでもないのに1階部分が空洞になっているピソ。
頑張れ、柱!



こちらは手の形のドアノッカーがついたドア。
「ファティマの手」と呼ばれ、悪い来客が訪れないようにするための御守りだそうです。
イスラムの文化に影響を受けているスペイン南部でよく見かけることができるそうですが、カトリックのイメージの強い北部で見られました。


そしてお腹が空いた頃に、今回の旅の目的であるフットサル観戦をするためにチームメンバーと合流。


ガリシア料理と言えばPulpo a la gallega (プルポ・ア・ラ・ガジェーガ」
日本では「タコのガリシア風」と呼ばれていますね

ここガリシア地方では「Pulpo a la feira(プルポ・ア・ラ・フェイラ)」と呼ばれています。
一皿8ユーロ(約960円)とスペインの田舎の物価にしたら高額でしたが、味も歯触りも最高でした!
ガリシアに来てよかった~!


そしてもうひとつ、ガリシアと言えば「エストレージャ・ガリシア」!

スペインはライトなビールが大半ですがこれは飲みごたえがあります。


レストランの前にて合流した仲間たちと。



さて、これから選手たちの重要な試合が始まります。熱狂レポートは次回!