ラベル バルセロナのイベント の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル バルセロナのイベント の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013/06/12

バルセロナの歩行者天国 ~食べ物編~

Hola!

前回、朝起きたら目の前が遊園地と化していたという記事を書きましたが、今回はそのお祭りの食べ物編
非常に興味深い食べ物が多かったのでご紹介します。



カタルーニャの出店の定番、ハム屋。




こちらも定番、チーズ屋。何メートルも先からいい香りがしていました。




オリーブは10種類以上ありました。



こちらは窯持ち込みのパン屋さん。
パンの価格はたったの1ユーロから。



窯にはこんな風にタイヤが付いてるんです。




スペインはチョコレートのうまさもあなどれません。



炒ったナッツも名物です。



こちらナッツを炒る器具。いい香りがしていました~。



生ハムの値段はこのように幅広いのです。




こちらは豚の前足。スープの出汁を取っていました。



クレープ屋さん。
そういえばクレープをコーン状に包むのは日本のやり方なんだそうですね。
最近バルセロナにもその日本風クレープ屋の出店が進んでいるそうです。そのお店のホームページに「うちのクレープの巻き方は日本スタイルだ」なんて書いてありました。
ちなみにこの屋台はフランス風の四角くたたむスタイルでした。



お祭りは始まったばかり。退屈そうなチーズ屋。

翌日もまた通りにくり出したのですが、チーズ屋の一日後・・・↓
半分になってる!



バルは普段以上に賑わっていました。

こちら、「BOMBA」



割るとこんな感じ。
巨大コロッケと言いましょうか。このソースが、辛い!スペイン人って大半の人は辛いものが苦手なはずなのにこの辛さ・・・ビールがすすむ!



様々な海外ビールが試せるコーナー。1杯2.50ユーロ。



新種のビールサーバーかと思えば、これはモヒート用の器具でした。
流行りなのか何なのか、スペイン人はモヒートが大好き。



パエリアは完売。




バーベキューコーナー。




ピンチョスコーナーも。ビール一杯とピンチョス3つで3.50ユーロ。安い!!



カスタードクリームタルト。



チェリーパイもこの価格。

どちらも1ユーロとは思えない味でした。



アメリカでは食べ物として見なされないタコですが、スペイン人は食べますよ~。



こちら、大人気だったタパス屋。奥にはカタルーニャ名物、麺のパエリア「フィデウア」が。



ワイン1杯+コロッケ2個のセットがなんと1.50ユーロ!
ワインは赤・白・ロゼ・カバと選べ、コロッケはチーズ・ほうれん草・鶏肉・タラの中から2つ選択。
こんなに安いのにコロッケはわざわざ揚げなおして熱いものを提供してくれるのです。



こちらはカイピリーニャ(ブラジルの伝統カクテル) と焼鳥セット、2ユーロ。
焼鳥もアツアツ。カイピリーニャはここスペインではモヒート並みに人気があります。

この屋台、コストパフォーマンスが最高でした。普段は近所の市場に店を構えているそう。今度探索に行ってみよう。


たくさん歩き、たくさん食べ家に帰りました。
お祭りだからといって食べ物の設定価格が高いわけではなく、むしろ安かったりするのがスペイン流!




花火が上がり、2日間に渡り賑わいを見せた祭りが終了。

家のリビングからの眺め。



引越したばかりで近所でこんなサプライズイベントがあったとは!よし、いい始まりだ。






2013/06/11

朝起きたら目の前が遊園地に

Hola!

今月頭に引越しをしました。
ここ数日は掃除と家具運び、荷物整理と毎日慌ただしいのですが、着実に素敵なピソへと変化していっています。

引越し先は大きな広場に面した9階建てのマンションの最上階。
先週末の土曜日、朝起きて広場を眺めたら、一瞬夢なのかと目を疑いました。

家の前が遊園地と化していたのです。
歩行者天国になってる!



↓よく見たら、バイキングが恐ろしいのです。

先の檻の中に人が入ってるんです。中で動きたい放題。
しかもこんな外国の(私にとっては外国の)簡易な移動可能器具で!!!恐ろしすぎる!!!



さっそく外に出かけてみることに。
これかぁさっきの檻。ちゃんと天井も柵になってんだな、ちょっと安心。
トラックで湖を作るなんて夢みたいな発想!この時は早い時間だったのでこんな状況ですが、この後乗りたい子で常に行列状態でした。
おっと、ポニーが。何だかかわいそう。

子供たちは紙芝居に釘づけ。あ、ひとり違うか。

ステージ作成中。
おっと、右に写り込んでる男性のTシャツに注目!
歩行者天国は先が見えないぐらいの長距離でした。うれしい!

懐かしのミサンガが売ってる!名前入りで5分で作りますと張り紙がありましたが、5分でできないのがスペイン。
服は5ユーロから。
音楽が聞こえてくる先を見たらカタルーニャ名物、ヒガンテスのパレード
今まで何体もヒガンテスを見てきましたが、今日見たものはどれも初めて見るものでした。
いったいここカタルーニャに何体存在するのだろう。

ヒガンテスの足元。体は異常に大きいのにそれを支えているのは人間なので靴は人間サイズ。
いかにこの人がバランスを保ち支えているかがわかりますね。

ヒガンテスから普通の人間に戻るときは、見えているこの木の支えを使いスカートの裾から脱出。
お祭りは深夜まで続きました。家の目の前が遊園地だなんて本当に夢のよう。



次回はこのお祭りで売られていた様々な食べ物をご紹介します。
お楽しみに~。





2013/02/23

第6回 バルセロナのタパスイベント「De TAPES per BARCELONA」

Holaaaaa!

只今バルセロナではビール好きにはたまらないイベントが開催されています。

「De TAPES per BARCELONA」


イベントに加盟する市内66軒のレストランやバルでタパス (つまみ) 1皿とグラスビール1杯が 2.40ユーロ でいただけるというイベントなのです。前回は41店舗の参加でしたので、こんなに店舗数が増えて嬉しいです。



まずは全加盟店の印と情報の載った地図を手に入れ、スタンプラリーのようにハシゴするのがこのイベントの醍醐味。


地図は加盟店で入手できます。



ビールの量はタパスの量と同じぐらいかわいいものですのでハシゴにもってこいです。



実際に地図に載っている写真と比較してみます。




まずは一軒目。

「牛肉のマディラワイン煮」


スペインでは珍しく甘い味付けがしてあり、砂糖を料理に使う日本人にとってはとても懐かしい味でした。肉じゃがの肉を食べているような。一緒に行った様々な国籍の友達にもウケていました。肉は柔らかーーーい。




2軒目

「ガリシア風塩漬け肉とポテトの包み」

肉の塩味がクリーム状のポテトによく合う。そこにピリッと辛いパプリカパウダーが効いていてとってもビールがすすむ一品。




3軒目

「カマンベールチーズとエンドウペースト・ドライイベリコ豚のせ」
おいしかったのですが、店内がチーズ臭くて大変でした(笑) あと、店内が暗くて何が出てきたのかは写真のフラッシュで分かった次第です。




4軒目

「串刺しプルポ・ア・フェイラ」

これはタコの臭味が一切なく良かったです。タコで有名なガリシアではなく大の観光地であるバルセロナで「プルポ・ア・フェイラ (タコのガリシア風)」を食べるのはまったくおすすめしないのですが、これはイベント用に仕入れたタコなのか、大きく新鮮でガリシアを想わせるものでした。





お腹も酔い具合もいい感じになってきたところでほとんどの加盟店のイベント終了時間の23時を迎え、その後も数時間ビール片手に会話が弾みました。




このイベント、3月3日(日)まで開催しています。バルセロナにいらっしゃる方は是非!