ラベル バルセロナのナイトライフ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル バルセロナのナイトライフ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013/04/29

若者が賑わうBAR「L'Ovella Negra(オベハネグラ)」

Hola!

ビールのおいしい季節がやってきました。

バルセロナでビールといえばここ、「オベハ・ネグラ」
「黒い羊」という意味です。白い羊のなかの黒い羊、つまり家族や集団のはみ出し者ということを表します。




ある程度の人数が集まっており、中心地にいるならば皆がパッと思いつくのがこのバー。
迷路のようなラバル地区にあり少しわかりにくいのですが、慣れちゃえば酔っぱらってても辿り着けます。


あまりにも若者のグループが店の前で騒ぐので、近所からの苦情が絶えないそう。
ここスペインは2011年から店内の喫煙は禁止されているので、喫煙するなら店の外なのです。
なので、入口にはピエロのようなメイクをして「シー」っと言うだけの係員がいます。

彼が「シー」以外に言葉を発したのは聞いたことがありません。
とにかく怖いんですこの人。私はサッと黙っちゃいます。



店内に入り振り返ると黒羊の顔出し看板があります。


この日の主役は日本から遥々遊びに来てくれた友人。




↓サングリアはこんな量で頼めます。



もっとすごいのはビールの量。
↓こんな量でも頼めます。
ビールだけかと思ったらこのサイズのサングリアも頼めるようです。




とにかく中はうるさい、うるさい、
うるさーーーい!!!外国人の若者が目立ちます。
英語、スペイン語、カタルーニャ語、フランス語、ドイツ語・・・とにかくここにいればいろんな国の言葉が聞こえてきます。


この日は日本、アメリカ、ロシア、チュニジア、イギリス、韓国、台湾、スペインの会。私たちだけでもかなりインターナショナルでした。



ビリヤードやスペイン発祥のフッボリン(テーブルサッカー)もあります。
大勢でいてノリで行っちゃうようなバー。おつまみも雰囲気も期待できるようなものではありませんが、なぜか行ってしまうここオベハネグラ。

今年の夏もいっぱい行っちゃうんだろうな。




*****************************************************
L'Ovella Negra(オベハネグラ)

住所/ Carrer de les Sitges, 5, 08001 Barcelona
電話
93 317 10 87
営業時間
月~金 09:00~03:00 土・日・祝 17:00~03:00
URL
http://www.ovellanegrabcn.net/
*****************************************************





2013/03/20

サグラダファミリアの夜景観賞

バルセロナの寒いシーズンの醍醐味、それはライトアップされた夜のサグラダファミリア鑑賞。


いつ見ても圧倒されます。すぐ下にいると飲みこまれそうになる感覚を覚えます。



昼間はものすごい人数の観光客で辺りは溢れ返っていますが、夜は静かなのが嬉しいです。思う存分サグラダファミリアにうっとりすることができます。



そしてその鑑賞をもっと素晴らしくさせてくれる方法があります。

サグラダファミリアの生誕のファサード側(東側)にある池から見る方法です。


教会の東側にある「Plaça de Gaudí (ガウディ広場)」の池に絶景が写ります。




バルセロナではだんだん日が長くなってきており、今月末の3月31日(日曜日)の午前1時からはサマータイムが開始しますので、さらにうんと日が長くなります。

今現在、日が落ちるのは20時頃です。



ちなみに今現在発表されているライトアップ時間は下記の通りです。

1月   18:30-22:00
2月   19:00-23:00
3月   19:30-23:00
4月   21:00-24:00
5月   21:30-24:00
6月   22:00-24:00
7月   22:00-24:00
8月   21:30-24:00
9月   21:00-24:00
10月 20:00-23:00
11月 18:30-22:00
12月 18:00-22:00
※その日の明るさにより若干変更になる場合もあります。また、あくまでも現時点での情報です。


冷たい空気に美しい風景、まだまだ間に合います!





2012/12/23

バルセロナの本格カクテルバー「Gran Bar Les Golfes de l’Esport」

今日はバルセロナ市内にある素敵なカクテルバーを発見したのでご紹介を。

Gran Bar Les Golfes de l’Esport (グラン・バル・ラス・ゴルフェス・デ・ラスポル)」



新市街を酔っぱらいながら歩いていたら偶然見つけたので入ってみました。




ちょっと怪しげな街灯も心惹かれます。


中はごちゃごちゃしてますが、味のある空間。ジャスが良く合っていました。


いつも思うのですがスペインは壁の使い方が日本の居酒屋とは違い上手!


メニューが街灯と同じアールヌーボー調でこってます。
こういうお店ってなかなかバルセロナにはなくて胸がキュンとしちゃう瞬間でした。


メニューを開くと想像以上に手が込んでいてビックリ。
リキュールごとにページが分かれており写真付きで中身の名称も書いてありわかりやすいです。
これが何ページもあるので迷う、迷う。


カクテル全て8ユーロです。
ビールもワインもとっても安いスペインですが、カクテルとなれば高いのです。


女3人それぞれ違うものを頼みました。ハイネケンのコースターが似合わない(笑)

私はストロベリーフローズン・ダイキリを。
新鮮な果肉を使っていて本物の味でした。ここまで期待していなかったのでビックリ。
どれもかなりこっていたので出てくるまでに時間はかかったものの、バルセロナに来て一番のおいしいカクテルが飲めたので大満足でした。


また女同士で行きたいお店です。



****************************************************
Gran Bar Les Golfes de l’Esport
     (グラン・バル・ラス・ゴルフェス・デ・ラスポル)


住所/ Carrer Mallorca, 184BarcelonaEspaña 08036Spain 
エリア/ l'exemple esquire
****************************************************

2011/12/03

バルセロナのショットバー「Espit Chupitos」

Hola !

飲み会の多い時期になってきました。
スペインの古くからの風習である「siesta(シエスタ)」というお昼寝時間を利用して元気を保っています。


さて、今日は先日行ったチュピテリア(ショットバー)の体験記を。
「Espit Chupitos」という近所のお店。
ここには常時500種類ものショットメニューがあります!1杯2ユーロの安さ!


さて、まずはかわいいものから。
オレンジの皮で作った器のショット。
火のパフォーマンスを見て一気にハイテンションに。


次は、緑の液体を飲み、得体の知れない空気を吸うと・・・
異常にむせるといったオチでした。


さて、次も面白パフォーマンス。
その名も「Monica Lewinsky(モニカ・ルインスキー)
クリントン元大統領と不倫関係を持ち一躍有名になった女性の名前です。
手間がかかるので特別5ユーロです。

アイマスクをかけられ何も知らない友人はモニカに変身し・・・・・
様々な卑猥なことをさせられ最後には攻撃されてしまうというオチでした。
卑猥すぎたので肝心な写真が載せられなくて残念ですが、かなり盛り上がったパフォーマンスでした。


私が何も知らされずにやられてしまったショット、その名も「コンドーム」

バーテンが目の前で器用にストローに細工をし、次に白い液体を口に含まされ、そのストローに液体を出すように指示。
見事にアレみたいになっちゃいました。
言われるがままに回転させられ飲まされました。。いや~恥ずかしかったー。


今度はとても体に悪そうな真っ青なショットを。
口に含み5秒待てと指示。
5秒後、液体が口の中で膨張して大変でした。


ショット大会、まだまだ続きました。


となりのお客さん(コスタリカ人)も勢いが良かったです。
このうちの一つに酸っぱいラムネが入っているというオチ。
飲み方まで指定されていました。


〆は甘いリキュールで。注ぎ方まで興味深かったです。そして、着火。
火の色の変化が実に美しかったです。

ちゃかり記念撮影も。

そして思わぬサプライズが。
BACARDIのノベルティのスピーカーをひとりずついただきました。


かなり盛り上がって閉店までいてしまいました。
これだけ楽しめてひとり10ユーロ弱。
スタッフもとてもいい人でした。
2次会以降にオススメです!


*******************************************
Espit Chupitos

住所: Aribau, 77, Barcelona
営業時間: 20:00~2:30
********************************************



2011/11/10

映画「スパニッシュアパートメント」を体験

Hola !

昼間はまだ半袖で歩けるバルセロナですが、朝晩は冬を感じる肌寒さになってきました。

さて、今日は先週末のエピソードを。

映画「スパニッシュ・アパートメント」をご存知でしょうか?
あのアメリの主役を演じたオドレイ・トトゥが主人公の彼女役を演じている映画です。

原題 「L’auberge espagnore(ローベルジュ・エスパニョール)」
スペイン語タイトル 「Una casa de locos(ウナ・カサ・デ・ロコス)」

フランスからスペインに「エラスムス」という交換留学プログラムによりやってきた主人公がバルセロナのアパートの一室で成長していく様子を描いた映画です。
彼と同じようにヨーロッパ各国から集まったルームメイト達との人間模様を描く、とても興味深い内容です。

私は今この「エラスムス」の学生と一緒にフラットのシェアをしています。
彼も映画の主人公と同じフランス人、そしてここはバルセロナ
そんな彼の日常の様子に触れる機会があったので、そのエピソードを。


夜、スーパーでワイン数本とピザを買い、メトロ内で彼の友人と待ち合わせして別の友人の住むピソへ向かいました。

到着した時点でメンバーはフランス人男性3人と私。
これまで7ヶ月間スペインに滞在していてカッコいいと思ったスペイン人は一人もいませんが、目の前の3人が3人ともカッコいいので不思議な気分でした。
陸続きのスペインとフランスですが、こんなにも違うのか!

そしてひとり、またひとりとエラスムスのフランス人たちがやってきたのですが、見事に全員カッコよくて失神しそうでした。
しかもみんな一切フランス語を使わず終始スペイン語で会話してくれました。
20代前半にしてなんてエレガントなのでしょう。

その後、そのピソに住む女の子やその友達がやってきて、ちょうどフランスから彼女が訪ねに来てるフランス人カップルも現れ、酒、タバコ、〇×△◆、まさに映画を見ているかの光景でした。
しかもそのカップルの彼女だけ冷めてた感じがまさに映画そのもの!
女の子たちもかわいかったー。

さぁ、深夜0時を過ぎ盛り上がってきたところで・・・

ディスコへ。

なんと「エラスムス」として滞在している学生は、バルセロナ市内にあるほとんどのディスコの入場料が無料になります。
私もエラスムス集団に紛れ、タダで入場することができました。

中はスペインで流行っている曲がガンガンかかっていました。
やはり体を動かすってサイコー!!
いつの間にか写真を撮られていてFBにアップされていたのでいただきました。

4時半になり力尽き、シェアメイトのシャルリーと共に家に帰りました。
踊りすぎてお腹が空いたので静まり返っているピソの冷蔵庫を二人して音をたてないようにあさったり、最後の最後まで普段は忘れているようなフレッシュな感覚が蘇る一日でした。
たまには若者と遊ぶのもいいものだ。



おまけ
この「エラスムス」制度、欧州の学生たちが出身国以外の欧州諸国で学べる制度ですが、なんとこれの世界版、「Erasmus Mundus(エラスムス・ムンドゥス)」という制度もあり、日本人の学生も応募できるそうです!