ラベル バルセロナの日本食 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル バルセロナの日本食 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013/04/18

バルセロナでメキシコ人が経営する寿司レストラン

先日、寿司職人である友人の奥様が日本食レストランで働き始めたと聞いたので、早速相方と行ってきました。

バルセロナでメキシコ人の経営する日本食レストラン。
ちなみに友人の奥様はフィリピン人の寿司職人。
その異色さに少し複雑な気持ちで入店。




「SUSHI EIXAMPLE (スシ・エシャンプラ)」
エシャンプラ地区にあるこの名前。分かりやすいです。



中はとっても広くゆったりとした雰囲気。
お寿司という、目でも楽しみたい料理を食べるには所々暗い席があるのが残念ですが。


ここのランチは特に安いわけではないのですが、量がハンパないです。
他のほとんどのスペインのレストランのようにプリフィックスコースなのですが、メインが3種も選べるところがポイントです。



1品目

味噌ラーメン
餃子
チーズの串揚げ
枝豆
サーモンの握り4個
バターフィッシュの握り4個
サーモンの巻き4個&マグロの握り4個  の中から1種



2品目

ナスの味噌田楽
6種の巻き寿司   の中から1種

↑チーズとアボカドと、玉ねぎをカリカリに揚げたものをサーモンで巻いたもの。



↑クルマエビとアボカドの巻きをフライにしたもの。


どちらも巻き寿司+揚げ物なのでお腹に溜まります。



3品目

チキンカレー
お好み焼き
鶏の照り焼き
野菜焼きそば
焼きラーメン    の中から1種


↑この鶏の照り焼き、一口食べて目が丸くなりました。なんだこの甘さ!!!
砂糖が通常の5倍ぐらい入ってるんじゃないかな、食べられたものではありません。これを日本食として提供しているのは黙ってはいられない気分になってしまいました。



↑お好み焼きには期待したのですが、食感も味もまるでダメ。


よく見たらスペイン名物「トルティーヤ・デ・パタタス」と同じ作り方だからだ。確かにお好み焼きのことを日本のトルティーヤだと言うこともあるが、これにはたまげました。




こちらでは一切日本人は働いておらず、メキシコ人の経営者流の日本食なんだそう。
我々は珍しい日本人客だったのか、食後に経営者がどうだった?と不安げに聞いてきましたので、さすがにお好み焼きと照り焼きについては考え直した方がいいと正直に答えました。
私はお寿司を食べに来たので満足でしたが。


飲み物はなんと2杯付き!ビール→ワインでもいいし、ワイン2杯でもいいし。
おまけに食後にコーヒーもついてきます。

これで値段は14.50ユーロ!これでもかってぐらいお腹がいっぱいになりました。



最後に寿司職人である友人の奥様と記念撮影。

彼女の寿司の腕前には驚きました。


スペイン料理に飽きてお腹いっぱい日本食が食べたい!という人にはおすすめです。



*******************************************************

SUSHI EIXAMPLE

住所/ Londres, 103 Barcelona
電話/ 932 412 199
営業時間ランチ 13:30-16:30   ディナー 20:30-23:30
*******************************************************
後日追記/ このお店はバルセロナ郊外に移転しました。
場所はもうEIXAMPLEではないので、「SUSHI SANTS」という名前で営業しているそうです。
URL/ http://sushisants.sociosg.com/





2013/02/10

世界の秘境で大発見!日本食堂 in Barcelona

Hola!

最近ちょくちょく芸能人がやってきたり笑ってコラえてのバルセロナ支局もできたりで、「今日本でバルセロナが熱い!」と勝手に思っています。

とそんな時、友人が経営するたまにこのブログにも登場する「らあ麺屋ひろ」にテレビ東京の取材陣がやってきました。

番組名は「世界の秘境で大発見!日本食堂」
日本から遠く離れた日本食堂を捜索し、そこにある日本人の人生ドラマに迫まる番組だそうです。
なんと、ネプチューンの名倉さんとアナウンサーの小林麻耶さんも取材に来てくれたそうです!

私は関係者ではないので接することはできませんでしたが、相方やそこで働く友人が写真をくれたりコメントをくれましたのでご紹介します。


ロフトから相方が撮影。ドラマのセットみたいでなかなかいい絵です。


開店時からいつものように満席。たまたま居合わせたスペイン人のお客さんも興味津々&大喜びだったそうです。


麻耶さんも名倉さんも味噌ラーメンを召し上がられたそう。麻耶さん、かわいい!!!


もっとかわいいショット!
ある男性スタッフは麻耶さんのかわいさに超ハイテンションだったとか。かわいさは世界共通なんですね~!


オーナーのヒロくんとフィリピン人のトムと。楽しそう!!



数日前にグエル公園でこのお二人を見かけたという話も聞いています。
今日は確かトータルテンボスというお笑い芸人がステージのために来ているようです。

今、やはりバルセロナが熱い!!

オンエアは来月以降だそうです。お楽しみに~!




2013/01/27

スペイン人にも日本人にも大人気な和レストラン「Can Kenji」

スペイン人や外国人に「バルセロナでおいしくて手頃な日本食はどこで食べられる?」と聞かれて答えるお店は2つ。
ひとつは先日紹介した「天ぷら屋」、そしてもう一つは今回紹介する「カン・ケンジ」です。

2010年にオープンした比較的新しいレストランにもかかわらず、ランチタイムもディナータイムも満席になるほどいつも賑わっています。


今回はランチタイムに行ってきました。



オーナーのけんじさんのネーム入りののれんがとってもいい感じに風になびいていました。バルセロナでのれんを見るのはとっても新鮮!


混雑を避けるために15時頃来店したのですが、それでもやはり混んでいました。店内は地元の人と日本人がちらほら。


清潔感漂うオープンキッチンです。あえてカウンターに座って寿司を頼みたいというスペイン人もいました。


ランチメニューは手書きでしたのでよく変わるのかもしれませんが、この日はこんな感じでした。

お寿司ランチが13.80ユーロだなんて!これは頼むしかない!ということでオーダー。



ランチにはドリンクも付いてきます。


先にお味噌汁が出てくるのが外国風。日本人にはメインと一緒に持ってきてほしいところですが、これにはどのレストランに行ってもいつも我慢。



メインのお寿司は日本で食べるものと何ら変わりはなく新鮮で満足しました。桶に入って出てくるのも粋です。

クラスメイトに誘われたまに安いからと中国系の和レストランに行くことがあるのですが、寿司ネタの鮮度がグンと落ちるのとシャリが握り過ぎで食べられたものではありません。やはりこういうところでいただかないと!



こちらは月見ハンバーグ。切るとお月見が出てきます。


バルセロナの日本食レストランの定番、抹茶アイス、そして苺のムース
最後の最後までおいしいの一言です。


初めて出会った外国人に自己紹介する機会が頻繁にあるのですが、日本人だと言うと「Kan Kenji」知ってる?好きなんだよね~!とよく言われます。
まさにバルセロナの日本食を代表するお店と言っても過言ではないおいしさとコストパフォーマンスです。

すぐ近くには日本人が経営するラーメン屋もありますのでハシゴでもいかがですか~。


************************************************
Can Kenji (カン・ケンジ)
住所/ Carrer del Rosselló, 325, 08037 Barcelona
電話93 476 18 23
営業日月曜日 - 日曜日(祝日も営業)
休業日/ 年末年始
営業時間ランチタイム 13:00-15:30 ディナータイム 20:30-23:00
************************************************




2012/12/26

クリスマスに「スペイン料理 × 和食」 ディナー

ここスペインはクリスマスを家族で過ごす習慣があります。
スペインに家族のいない私たちは、日本人同士でクリスマスを祝いました。


訪れたお店はRestaurant La cuina de l' Uribou


新市街にある日本食レストランです。

今回のディナーは SHIBUI という別の日本食レストランのシェフKOMUTAさんとウリボーのオーナーTAKAさんとのコラボレーション企画でした。
日本食ではなく、スペイン料理を日本人シェフ二人がアレンジというおもしろい企画でした。とても有名なお二人なので、期待して向かいました。



まずはこちらのアペリティフ4品から。

左上から時計回りに
「Tortilla de patata」/里芋の玉子焼き。
「Esqueixada」/バカラオを使ったエスカイシャーダというカタルーニャ風のサラダを大根と梅を使ってアレンジしたもの。
「Canelones」/湯葉と鴨のカネロニ。ここカタルーニャ地方では12月26日(祝日)にカネロニを食べる習慣があります。
「Fricando」/牛肉とキノコの博多寄せ

里芋のトルティーヤを食べた感動は忘れられません。
湯葉のカネロニもパスタで包むよりおいしいんじゃないかと思いました。



続きまして「Sopa de Galets」

galetsとは貝殻の形をしたパスタのことで、これを玉子豆腐と共に提供。

なるほど、よく見るとgaletsでした。うまく絡み合ってました。玉子豆腐でこんなアレンジができるんだー!


そしてやってきたおもしろい一品「Trinxat」
trinxatとはジャガイモとキャベツを潰して焼き固めたカタルーニャ風のマッシュポテト。このプレートにはキャベツの代わりに白菜が使われていてとっても優しい味と食感でした。イイダコを飾るとは面白い発想!


続きまして「Suquet」
suquetとはカタルーニャ風ブイヤベース
アンコウ、エビ、アサリにトマトと味噌がよく合っていました。いい出汁も出てました。


そして、待ってましたー寿司ー!!!
左から
・ハムとパイナップルのお寿司
ホタテとトリュフのお寿司
ウニとキュウリのお寿司
七面鳥と梅のお寿司

こんなに愉快なお寿司プレートを見たのは初めて。心踊っちゃいました。
お寿司にトリュフ!!!贅沢でした~。
ハム&メロンじゃなくてパイナップルという発想も素敵でした。よく合う
ウニは日本でいただけるような新鮮さ、ボリュームでした。幸せ~!



デザートはPijama de Musicoという、訳して音楽のパジャマという面白い名前。
スペインで「パジャマ」といえば寝るときの服以外に、パフェを高く積むのではなくお皿に並べた状態のデザートのことも指します。
そして、「音楽」という名のデザートも存在します。これは乾燥フルーツとリキュールのショットのセットのこと。

今回のプレートはその2つのデザートを併せたもの。とても愉快でした。
最後の最後に写真を撮るのを忘れてしまいました・・・。


とっても贅沢でおいしいディナーでした。日本人の料理の繊細さに改めて感心しました。こういう手の込んだ料理はとっても懐かしかったので、食べ始めてからわくわくしっぱなしでした

周りを見渡せば日本の友人や顔見知りが多くとても楽しい席でした。
スペイン人が家族でクリスマスを祝うなら、私たち日本人は絆の強い仲間と祝う。
ウリボーに行って大正解でした!



*********************************************
Restaurant La cuina de l'Uribou

住所/ Carrer del Taquigraf Serra 26, 08029 Barcelona
電話93 114 81 93
URLhttp://www.uribou.es
営業時間火~日  13:00 ~ 15:30 / 20:00  23:30
休業日月曜日

*********************************************




2012/11/26

フォトグラファーさんのカフェ「AKASHI」

つい先日バルセロナにできた日本カフェの記事を書きましたが、今回は最近オープンしたばかりの別の日本カフェについて。

その名は「AKASHI」


この秋にバルセロナの中心地にオープンしました。
日本人の間というよりは地元の人に人気のあるお店だそうで、噂を嗅ぎつけたクラスメイトと共に先週末に行ってきました。



この写真を撮った時は中は混んでいなかったのですが、私たちが入店したこの30分後には満席でした。

なぜ30分後かと言うと、まさかの地下鉄ストライキで友人がたどり着けなかったからです。
諸々外で済ます用事があったので店の外で待ったのですが、その間にどんどんお客さんが増えていきました。

カフェは大人気で席がないように見えたのですが、実は奥に中庭があってそちらに通していただきました。


ちょっと・・・いや、けっこう寒かったので、オーナーさんが気を利かせてくれてストーブを出してくれました。
まるで日本の石油ストーブ!輸入したのかと思って訪ねてみたら、こちらで購入したとのこと。あるんですね~。灯油の独特の匂いにホッとしました。


オシャレな中庭


この椅子、我が家に欲しい。

オーナーは日本人とスペイン人の2人のカメラマン。
日本で撮っていたことがあり、日本のカフェの良さをスペインで再現しようとオープンさせたのだと伺いました。


こちら、ジャスミンティー。見せ方がいいですね。
この後オーナーさんが葉を急須に写し、茶釜から熱いお湯を注いでくださいました。


お茶が飲めるタイミングはこのタイマーがお知らせしてくれました。日本語のタイマーだ!


シフォンケーキはとってもふわふわでおいしかったです。


お茶は3.80ユーロ、シフォンケーキは4.50ユーロ。
日本の物価とまではいきませんが、物価の安いバルセロナにしてはやや高い値段設定でしたが場所が場所だけに納得。そしてこってるから納得。


こんなに素敵な空間とは思ってもみなかったので感激です。日本に興味のある外国人がいたらどんどんオススメしていきたいかわいいお店です。



**********************************************
AKASHI
住所 : Carrer del Rosselló 197, 08036 Barcelona
電話 : 93 125 08 77
URL http://www.akashigallery.com/
**********************************************




2012/11/25

バルセロナの名店「TEMPURA-YA」!

Hola!
学校の中間テストが終わりホッとしてたところ、相方が和食レストランに招待してくれたのでそのお話を。

バルセロナ中心地にある名店「天ぷら屋」です。


スペインの昼食タイムは大体14時から。
この日は14時半に訪れたのですがほぼ満席、そして15時頃には満席になりました。
周りは品のあるスペイン人ばかり。立地と店構えから、ここに来ると泥棒の心配をしなくていいので助かります。

頼んだのは天ぷら定食。「天ぷら屋」という店名ですが、天ぷら以外にも数々のアラカルトやお寿司麺類等いろいろ揃っています。


店内の雰囲気は日本そのものなのですが、何が違うかといえば周りの客層とこのビールグラス。
スペインのちゃんとしたレストランではビールはワイングラスで提供されます。


こちらは前菜のコールスローサラダカニクリームコロッケ

サラダを食べただけでなぜか日本が恋しくなりました。
カニクリームコロッケはとろけ具合、カニの風味度、揚げ具合、すべて満点です。



こちらは板長からのプレゼント。ムール貝とキノコのバター蒸しタコの酢の物
ムール貝のこういった調理法に感激。とっても優しい味でした。酢の物はやはりビールがすすむ!


メインの天ぷら!エビ2本、白身魚、ナス、野菜のかき揚げ。
エビのプリプリさに驚きました。衣はサクサク、そしてボリュームもたっぷり。


お味噌汁は魚介の出汁が効いていて家では出せない味。飲む度にため息ものでした。


こちらはデザートの「Trufa (トゥルファ) = トリュフ」
左からcavaトリュフ抹茶トリュフ酒トリュフです。
カタルーニャの誇るcavaと日本の誇る抹茶と酒の組み合わせがいいですね。こんなに愉快なトリュフを食べたのは初めて。


天ぷら定食、値段は10.20ユーロ (税込、デザート付き、ドリンク除く) でした。

最近たくさんの日本人旅行者に会う機会があるのですが、けっこうスペイン料理に飽きて日本食を求めていらっしゃる方を見かけます。そういった場合、ここは大のオススメです!



*******************************************
天ぷら屋 TEMPURA-YA
住所/ Carrer de Muntaner 153, Barcelona 08036
※ Córcega通りとRoselló通りの間です
電話93 419 3182  (日本語で予約ができます)
*******************************************